• ホーム
  • アタリもあればハズレもある!中古ドメイン選びの注意点とは?

アタリもあればハズレもある!中古ドメイン選びの注意点とは?

スマホで話している男性

中古ドメインは、すべてのものが安心して利用できるわけではありません。
実際に購入できるものの中には、アタリのものもあれば、残念ながらハズレと言わざるを得ないようなものも存在しています。
例えば、人々がアタリかハズレか注目する点の1つに、トップレベルドメインがあげられます。
トップレベルという単語がついているため、そのようなものなら安心と考えている方が多いのです。

しかしトップレベルというだけでは、アタリかどうかを判断できません。
あくまでドメインの文字列に関する評価だけなので、トップレベルかどうかだけで判断しないようにしましょう。
1つの視点だけではなく、さまざまな視点から判断していくことが大切です。

購入した中古ドメインを安心して利用するためのポイントの1つが、サーチコンソールを利用することです。
取得したものを、これに登録することで、手動ペナルティを確認できます。
手動ペナルティがあるようだと、ハズレということになります。

実際に販売中の中古ドメインの場合、基本的に業者のほうでスパムやペナルティなどの問題がないか調査を行っています。
ですが調査が行われていたとしても、スパムなどの見落としがあるかもしれません。
そこで、このツールに登録することで、自分の目で手動ペナルティの確認ができます。

もしも手動ペナルティに問題があった場合には、ドメインの解除を行うようにしましょう。
しっかりとした販売業者であれば、問題があったドメインは返品対応をしてもらえます。
ただし返品対応は購入から5日以内などの期限が決められています。
早めの解除が欠かせないので、購入手続きをしたらなるべく早い段階で確認することが欠かせません。

実際に中古ドメインの運用を開始して、インデックスが行われるようならアタリの可能性が高いです。
運用を開始した場合、このツールで状況確認を行います。
サイトマップ送信などを行ったうえで、状況が確認されているのであれば問題なく使えていると判断できます。

サイト運営後の検索順位だけでは、アタリかハズレか判断することは難しくなっています。
さまざまなポイントを確認したうえで、安心して利用できるものかチェックすることが大切です。
すぐに確認できるポイントもあるので、取得後は早めに行動を開始することも必要です。
また実際にドメインを活用する目的に応じて、どのようなものをアタリと感じるかには違いが見られます。

サイト内検索
人気記事一覧