• ホーム
  • サイトの質を上げるためのバックリンクの否認

サイトの質を上げるためのバックリンクの否認

サイトの質をあげるために必要なステップの1つに、バックリンクの否認があげられます。
例えば中古ドメインをサーチコンソールに登録した際に、リンク元に不適切なものがあると警告されるケースも見られます。
リンク元に不適切なものがあったとしても、すべてが警告の対象とは限りません。
問題のあるバックリンクを否認することで、警告が解消されるケースも見られます。

人によっては、バックリンクの増やし方にばかり注目することもあるでしょう。
もちろんリンク数を増やすことも必要ですが、増やし方ばかりに注目していると不適切なものが入ってしまうこともあります。
不適切なものが増えると、サイトにとってマイナス要素となるので注意が必要です。
マイナス要素が大きい場合、検索エンジンの結果に表示されなくなるかもしれません。

不要なリンク元の整理を行ったら、サーチコンソールに再審査リクエストをしましょう。
不適切なリンク元を否認できた場合であれば、再審査リクエストで警告がなくなる可能性もあります。
整理したつもりでも警告が続く場合であれば、まだ問題が残っている可能性があるので再び状況確認を行います。

バックリンクの否認が必要と言われても、どのような手順で行ったらいいのかわからないという方もいるでしょう。
手順が難しいと不安になる方もいますが、基本的にはマニュアル通りに行えば比較的スムーズに作業が完了します。
正しい順番を調べたうえで、問題なく作業ができるようにしましょう。
手順内容で不安な点があれば、掲示板などで詳しい人に質問をするのも1つの手です。

中古ドメインを購入した場合、バックリンクの否認が必要なら面倒と感じる方もいるかもしれません。
ですが業者によっては、あらかじめ問題のあるリンクは整理してくれているケースも見られます。
そのため購入前にどのような形になっているのか確認することが欠かせません。
ですがリンク元を整理してある場合でも、自分の目でサーチコンソールを使って確認するようにしましょう。

中古ドメインのメリットの1つが、すでに一定のリンク数を獲得しているという点です。
その一方で不適切なリンク元が含まれている可能性もあるので注意が必要です。
不適切なリンク元に注意するためにも、サーチコンソールの利用などの自衛が必要です。
今後のサイトの発展のためにも、必要なステップをこなして問題なく運営を始められるようにしましょう。