• ホーム
  • 中古ドメインでSEO対策を考えてみよう!

中古ドメインでSEO対策を考えてみよう!

スマホを見ている男性

SEO対策を主な目的とした場合、新規に取得したドメインを使用すると、検索順位をあげるのにある程度の時間がかかってしまいます。
そこで検索順位を効率よくあげるために、中古ドメインを利用することが1つの手段として利用できます。
ある程度の実績があるドメインならば、SEO対策も行いやすくなります。

実際に中古ドメインを購入する場合には、それがどのようなものなのか情報を集めることが欠かせません。
例えば情報集めの方法の1つが、各スコアをチェックすることです。
ドメインオーソリティやスパムスコアを把握することで安心して利用できるものかどうか判断できます。
確認するときには、前者の評価がどのくらいだといいのかなどの判断基準も合わせて確認しておきましょう。

ドメインは取得するのがゴールではなく、検索エンジンでインデックスされるようになってからが勝負という点を把握しておきましょう。
ですが、ここにインデックスされるようにしたいと考えていても、自分1人の力でどうにかなるものではありません。
インデックスされるためには、クローラーの力が必要不可欠です。
このとき、中古ドメインのほうがクローラーに見つけてもらいやすいというメリットがあります。

SEO対策を考えるうえでのポイントの1つが、被リンク数をあげるというものです。
被リンク数をあげるための方法の1つが、サテライトサイトというサブサイトを作成してリンクを集めるやり方です。
ではサテライトサイトを作成することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

サテライトサイトの作成として、メインサイトにリンクを貼るだけという方も多くいます。
確かにリンクを貼るだけでも、ある程度の効果は期待できます。
ですが高い効果を期待するのであれば、サテライトサイト自体に付加価値をつけることが欠かせません。

例えば長期の運用実績がある中古ドメインなら、付加価値をつけやすくなります。
運用実績を調べるためには、ドメインエイジのチェックが必要です。
これは年齢のようなものなので、どのくらいの運用実績があるのか調べることが可能です。

被リンク数をあげるためには、自分の状況整理も必要です。
メインサイトの状況や目的に応じて、適切なサテライトサイトは異なります。
必要なサテライトサイトを整理したうえで、どのような中古ドメインが適切なのか考えていきましょう。
自分に合ったものを選ぶことで、効率よくSEO対策を行うことにつながります。