• ホーム
  • 推奨サイトに注目してみよう!

推奨サイトに注目してみよう!

中古ドメインなどを安心して利用するために、Googleが推奨しているサイトに注目するのも1つの手です。
Googleが推奨しているようなものであれば、違反せずに一定の品質が保たれている可能性が高くなります。
ここで気になる点の1つが、どのようなサイトであれば推奨されるのかという点です。
条件を把握して、違反していない中古ドメインを取得できるようにしましょう。

そもそもGoogleが推奨するサイトの特徴として、ユーザーの利便性を考えているという点があげられます。
ユーザーの利便性が低く害があるとみなされた場合、品質が悪いと判断されやすいので注意が必要です。
実際にどのようなサイトがいいか把握するためには、ガイドラインに注目するのも1つの手です。
ガイドラインをチェックすることで、品質が良いサイトの条件などを把握することにつながります。

ガイドラインを見ても、どのようなものか判断しにくいという方もいるでしょう。
そのような場合であれば、具体例をチェックすることも大切です。
例えばペナルティを受けるコンテンツの例として、隠しリンクがあげられます。
隠しリンクは、サイトの利用者に見えないようにあえてリンクを隠す行為を指します。

実際に使われている隠しリンクの中には、クイズの答えをすぐにわからないように隠すなどのケースがあげられます。
クイズの答えを隠している程度なら、ペナルティを受ける可能性は低くなります。
問題になるのが、SEO対策として故意に隠しリンクを作成している場合です。

ここで気になるのが、隠しリンクなどでコンテンツが品質に関するガイドラインを満たさないと判断されたときの対応です。
関連性のあるキーワードを使っているとしても、検索結果から解除申請されてしまいます。
解除申請された場合、検索エンジンの結果から除外されます。
検索してもヒットしない場合、サイトの訪問者は増えにくいので注意が必要です。

関連性の高いキーワードを多く含むことも大切なのですが、ガイドラインを無視すると検索結果に表示されないリスクもあります。
このようなリスクがあることを把握したうえで、より良いサイトを作っていきましょう。
SEO対策に力を入れることは大切ですが、やりすぎるとデメリットが大きくなってしまうかもしれません。
推奨されるサイトを目指すためにも、どのようなコンテンツを作っていくのがいいか常に意識することが大切です。